スポンサーリンク

健康ロードをウォーキング

柿生駅から栗平駅まで、片平川両岸にそう遊歩道をメインとした
「麻生区スポーツ・健康ロード」がはしっている
途中、富士見橋から川崎フロンターレのグラウンドをむすぶロードが枝わかれしているが、この往復の行程をふくめ、全長4.3kmである。

これは、区民の健康増進をはかるため区が整備したもので、ウォーキングジョギングを気がるに楽しめるよう、川の両岸にはフェンスが取りつけられて安全性が確保されている。

案内板距離表示のプレート、橋名板なども取りつけられ、
走・歩行中の位置なども確認できる。

ちなみに、橋は2,5kmほどの区間に15箇所ある。つかれたら欄干にもたれて川面に目をはせ、もの思いにひたるのもよいだろう。
橋からながめる景色は、また別の味わいがあるかもしれない。

12月2日、師走にはいったというのに、まだドウダンツツジの紅葉がみられた。ひあたりのよいこの道は、ドウダンツツジの生育に適した場所なのだろう。

葉はだいぶ落ちてはいたが、部分的には炎のような燃えたつ色をはなつ群生がみられ、息をつめてシャッターをきる場面もあった。最盛期はもっとすばらしいだろう。

紅葉(黄葉)する樹木がまばらに点在し、目をひく景勝的な箇所もみられる。
足元には、セイタカアワダチソウヒメジオンなどが季節はずれの花をさかせ、目を楽しませてくれていた。

花のすくない時期の雑草はありがたいものである。

この日は、富士見橋から天神橋までの、往復およそ3kmをあるいてみた。
写真をとりながらの「ぶらぶら歩き」ではあるが、けっこう足腰がきたえられている感がある。

車のおおい主要道路からはなれているせいか、さわやかな気分で呼吸できるのがうれしい。
あたたかな日で、心もあったまった。

スポンサーリンク

麻生市民ネット・人気記事 Top5


麻生ジャランじゃらん 麻生・新百合情報 All rights reserved.