麻生ジャランじゃらん TOP » あさおわが町, 未分類 » デューク・エイセス 七夕コンサート 〈川崎童謡の会主催〉

スポンサーリンク

デューク・エイセス 七夕コンサート 〈川崎童謡の会主催〉

7月コンサート - コピー

平生26年7月9日(水)PM 1:30~、高津市民館(丸井ノクティ12階)にて、川崎童謡の会が
主催する「七夕コンサート」が開催されました。

これは、牽牛・織女星を祭る「七夕」の行事に因んだもので、毎年7月に行われます。
客席は満席、開場前から長い列が続いていました。
平日とあって参加者の多くは中高年、しかも圧倒的に女性です。

童謡の会コンサート 004

車いすや杖を使われている方々の参加も見られ、バリアフリーの会場と滞りない
誘導体制にあって、スタッフの笑顔の伴った対応が印象的でした。
また、介助に携わる方には入場料を半額にするなど、ハンディに対する福祉的配慮も見られます。

童謡の会コンサート 003

今年の出演者は、1600曲を超えるレパートリーを持つ「デューク・エイセス」
結成から60年、音楽は感動からという原点に立ち、メンバー間の全く異なる声質の調和=ハーモニーの熟成をめざしてひたすら歌い続けてきた4人の「選りすぐられた公爵(Duke Aces)」です。

童謡の会コンサート 007

真摯な姿勢で歌に向きあい、歌を創り、歌をもってその思いを人々に伝えつづけてきました。
往年の歌声を今にとどめ、優しく、力強く、暖かく・・・聞く人の胸をうちます。


26年度スケジュール

第1部は、デューク・エイセスの四重唱

4つの声部の見事なハーモニー・・・懐かしい歌が9曲披露されました。
途中、見るからに正直者(笑)のリーダーが、初ステージは3歳だったと懐古、
笑いの絶えない舞台が続きます。

「慕情」にはじまり、 「女ひとり」「テネシー・ワルツ」「おてもやん」・・・「Dry Bones」は、「ドラえもん」と誤聞されるとの断りがあり、耳を澄ますとなるほど
ドラえもん、そして、「筑波山麓合唱団」のあの貫禄あるガマガエルは今も健在でした。


9月コンサート

第2部は、「童謡メドレー」にはじまる、観客とともに歌うステージ 

客席と一体となった歌声は、会場にあふれ高らかに・・・
より一層心に沁みいります。

「春の小川」「鯉のぼり」「蛙の笛」「たなばたさま」「もみじ」「たき火」「雪」etc. 昭和の旧き良き時代といわれるあの幼少期の思い出に浸りながら、大きな声で思いきり歌いました。


10月コンサート

参加者の多くは、これまでの歌の指導で鍛えられた声の持ち主ばかり、客席から
響いてくる歌声にデュークさんたちは驚いた様子・・・。

そして、これからずっと大切にしていきたいチャリティーソング 「花は咲く」は、
会場の皆さんにしっかり浸透していました。


童謡の会の活動 その2

東北大震災の犠牲になった人々、今も窮状を余儀なくされている人々に心を寄せ、
ともに歌い語り継ぎ、忘れてはならない、二度とおこしてはならない惨事としての共通認識を持ち
続けるために、私たちはこれからも世代をこえて歌いつづけていくでしょう。

童謡の会の活動 その1 - コピー

デュークさんの心遣いに満ち、懐かしさと感動にわいた楽しいひと時、元気を・愛を・勇気をもらったコンサートは、余韻を残しつつまたたく間に終了。

感極まった90歳の男性が舞台に駆け寄り、デュークさんと握手を交わして
熱い感謝のメッセージを贈りました。会場は大きな拍手です。

童謡の会コンサート 014

デューク・エイセス!! いつまでも輝ける長寿グループとして、これからも
ずっとずっと私たちに元気と勇気を分けてください。

川崎童謡の会

「川崎童謡の会」は、ボランティア・市民活動団体として平成5年4月14日設立、今年で22年目に入りました。

童謡・唱歌のもつ優しさや美しさを共に《歌い愛・ひびき愛・ふれ愛》、高齢の方々には懐かしい歌・思い出の歌で元気になってほしいと願いを込めて、《思いやりのある明るい街づくり》をめざしています。

「地元で一緒に童謡を歌い、童謡の魅力を発信していきたい」と会長の河野健三さん。
代表として事務局を一手に引き受け、常に4~5ヶ月先まで視野に入れて着々と準備を進めるバイタリティー豊かな吉井龍子さんは、
「みんなで楽しい歌・素敵な歌をうたい、幸せなひとときを!! そして、是非この川崎童謡の会(低価格)でホンマモンの歌と音楽に出会い、肌にふれていただきたい!! そういう思いでいっぱいです。」と力強く語ります。

スタッフは約20名、会員数約2800余名(当初は200名)。
月1回、童謡の会またはコンサートを高津市民館ホールにて開催しており、入場料は月1,500~2,500円(会員以外は500円増)。

童謡の会では、ゲストによる指導を受けて童謡や唱歌、抒情歌を楽しみますが、コンサートも含めステージの飾りつけやゲストの手配、企画、選曲などは有志スタッフが行っています。

スポンサーリンク

麻生市民ネット・人気記事 Top5


麻生ジャランじゃらん All rights reserved.