高石神社と句碑村

小田急線百合ヶ丘駅北口を出ると、右前方に高石神社が望めます。
高石神社遠景の看板に従い、高石神社への道を辿ります。

高石神社は、1654年に建立され、当時は高石神明社と呼ばれていました。
昭和五十九年に現在の神殿が建立され、同時に高石神明社から高石神社と社名が改められました。

高石神社は、「伊勢宮」と呼ばれ、周りを囲む鬱蒼とした森は「伊勢の森」と呼ばれていたそうです。

海抜120mの高石神社境内からは、西に富士山や丹沢の山々が、東方には東京都心の高層ビルを望む事が出来ます。昔は、房総の山々や品川の海が見えたそうですが、今はビル群にさえぎられて見ることが出来無いのは残念です。

又、50余基の句碑があり高石神社句碑村と呼ばれ広く知れ渡っている。 (さらに…)

スポンサーリンク


麻生ジャランじゃらん All rights reserved.