日向薬師の彼岸花

P9230002
P9230020
P9230039

・・・ 添削依頼者からのメッセージ ・・・

伊勢原の日向薬師の彼岸花です。青空ではなかったですが、それが却ってしっとり感が出て良かったかなと思います。

多摩区橋本

・・・ 秋元先生添削 ・・・

見事なフレーミングで曼珠沙華の持つ妖気のようなものが、とても良く表現されています。晴天で曼珠沙華を撮ると、白く飛ぶ部分が多くなり、あの濃厚な赤い色がなかなか表現出来ません。

曇天で、しかもアンダー目の露出で撮った事で重厚な色合いに仕上がり、印象深い作品になりましたね。どのような露出にするかで作品の印象は大きく変わって来ます。

露出を一段から一段半くらい明るく、あるいは暗くセットして、見慣れた回りの風景を撮って見るのも、写真の言葉を一つ新しく覚える事になり、表現の幅も広がります。

 
  • コメント: 0

関連記事

  1. 写真教室・写真の言葉を知ろう 麻生市民館で無料セミナー開催決定 > 終了

  2. 6月の 写真教室

  3. 7月の 写真教室 のご案内

  4. 信州、海野宿

  5. お正月の写真

  6. 写真の「ことばの教室」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。