神社参拝時の心得、服装、作法

日本を訪れてきた外国の方々とお話をしていると、日本の文化、伝統、歴史などの質問を受けることがあります。

その説明に使用する目的でこの記事を纏めてみました。
外国の人だけでなく、日本人の方にも是非一度目を通していただけたらと思っています。

服装について

神社は神様をお祀りしている神聖な場所ですから、
参拝者は、極力服装をただすよう心がけたいものです。

社殿に上がって参拝される場合は、スーツにネクタイ着用、女性も同等の服装をしてください。

旅行中で軽装の場合でも、神社参拝が予定されている時にはそれ相応の服装を着用するようにしましょう。

T シャツ、ノースリーブ、ホットパンツ等肌を露出する服装は慎むべきです。

鳥居のくぐり方

神社の鳥居には、一般社会と神様の世界を区切る意味があるといわれています。
神様に一礼してから鳥居をくぐる様に心がけましょう、
参拝を終え、境内から出る時も社殿に向い一礼しましょう。

神社の参道は真ん中を歩かない

参道の中央は神さまが通る道と言われています。
ですので、神様に敬意を表して参道の中央を避けて進みましょう。
又、参道を横切るときも、軽く頭を下げながら(神様に敬意を表しながら)横切りましょう。

神社参拝の作法

入口の鳥居をくぐる前に会釈をし、気持ちを引き締めてから境内に入ります。

手水舎の水で心身を清めます。このことを「手水をとる」といいます。

手水の仕方

手水舎(ちょうずや・てみずしゃ)で手と口を清めます。

正式には、川や海での禊(みそぎ)を行うのですが、
簡易的に体を清めるために手水舎が用意されました。

  • 手水舎の前で軽く一礼
  • 右手で柄杓(ひしゃく)を握り水を汲む
  • 左手を清める
  • 左手に柄杓を持ち替え、右手を清める
  • 右手に持ち替え、左手に水を受けて口をすすぐ
  • 左手をもう一度清める
  • 両手で柄杓を立て、柄に水を流してから伏せて置く
  • 軽く一礼して手水舎を出る

注意
はじめに多めに水をすくい、すくい直さないようにします。
また、柄杓に口をつけてはいけません。

参道を通って拝殿(はいでん)へ進む

参道の中央は神さまが通る道と言われています。
ですので、神様に敬意を表して参道は中央を避けて進みましょう。
又、参道を横切るときも、軽く頭を下げながら(神様に敬意を表しながら)横切りましょう。

賽銭箱にお賽銭を入れる

お賽銭は勢いよく投げず、そっといれるのが好ましいです。
額は、神様への感謝と尊敬の気持ちをこめた金額にします。
自分の財布と相談してください。

鈴を鳴らす

鈴は、神様にお参りに来たことを知らせるために鳴らすと言われています。
又、鈴の音は悪い気をはらい、お参りにきた人を清める役割もあるそうです。

5二礼二拍手一礼の作法で拝礼し、会釈をしてから退きます。

二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)
通常、お参りする場所のことを拝殿(はいでん)と言います。

  • 拝殿の前についたら、まず45度の礼をします
  • お賽銭をいれます お賽銭は勢いよく投げないで、そっといれてくさい
  • 鈴を鳴らします
  • 深いお辞儀(礼)を二回[ 二礼 ]
  • 肩幅程度に両手を開いて拍手を二回[ 二拍手 ]
  • 両手をきちんと合わて心を込めて祈る
  • 深いお辞儀(礼)をする[ 一礼 ]
おみくじ

おみくじは、結んだほうがいいのでしょうか?
それとも持ち帰ったほうがいいのでしょうか?
と、悩まないでお持ち帰りください。
おみくじは神様のお告げで、引いた人の運勢を占うものです。
財布に忍ばせておくと、いつでも神様からのメッセージを見れます。

<-
->

スポンサーリンク


麻生ジャランじゃらん All rights reserved.