歴史散歩・白鳥神社

スポンサーリンク

片平村を歩く 031
白鳥神社は、日本各地に120社、関東地方には13社あります。

2013年最後の秋 044
この美しい社名は、日本武尊(やまとたけるのみこと)の魂が大白鳥となって
天をかけたと言いつたえられる白鳥信仰に由来されています。

稲刈りが終わるとたくさんの渡り鳥が飛来して田んぼの落ち穂をついばみ、その鳥たちが残した
大量の糞が翌年の稲を育てたという、自然との調和によって作物を実らせていた古きよき時代・・・

「白鳥の来る田は実りがおおい」と農家の人びとの間で語りつがれ、鳥たちは益鳥として歓迎されていました。

鳥たちの糞のおかげで成りたっていた稲作が、白鳥信仰の起源となり、やがて日本武尊の伝説とともに白鳥神社が誕生し、五穀豊穣をねがう農民たちの拠りどころとなっていったのでしょう。

全国の白鳥神社に共通する「ヤマトタケルと白鳥伝説」によれば・・・

・・・日本武尊が鉄器という新しい金属農具を使った灌漑技術で、稲作を振興させたという伝説が白鳥信仰にむすびつけられたようです。

麻生区の白鳥神社は片平、五カ田地域の鎮守社です。

この神社と、埼玉県小川町の白鳥神社、群馬県東村の白鳥神社を結ぶラインが、北北西24度の角度で一直線となっていることから、渡り鳥の飛来行路との接点として検証の対象になっているということです。

この神社と、埼玉県小川町の白鳥神社、群馬県東村の白鳥神社を結ぶラインが、北北西24度の角度で一直線となっていることから、渡り鳥の飛来行路との接点として検証の対象になっているということです。
2013年最後の秋 009
神社周辺の路上にこんな美しい紅葉が照り映えていました

祭神は大和武尊、併祭神が木花開耶媛命(コノハナサクヤヒメノミコト)をふくめ11柱。開運招福、請願成就、五穀豊穣、家内安全、交通安全、商売繁盛、さらに縁結びまで・・・人それぞれの気ままな願いを成就するために多くの神さまが勢ぞろいしています。

神社の由緒によると、1500年前後に地方豪族の山口外記が鬼門よけの神として白鳥明神をまつったのが始まりとされており、その後1714年に片平村領主・前場権太郎が社殿を再建したとあります。

明治になって、浅間社ほか8社を合併合祀し、愛染明王像がご神体となっているということです。1839年につくられたこの像の作者は、御用仏師・佐脇主馬、仏像の底面にその銘がきざまれています。大正4年に村社に指定され、この社名から麻生区の白鳥という地名が誕生しました。

白鳥神社の例祭は9月26日、社殿前には26段の石段、この数字には何らかの因縁が・・・

2013年最後の秋 035



宮前区の橘樹神社(たちばなじんじゃ)には、大和武尊の伝説と、その妻である弟橘姫(おとたちばなひめ)が夫を助けるために入水して後、身につけていた衣服が岸に流れ着いたことを示す塚があるとのこと。

さらに、新編武蔵風土記稿には、善正寺が鉄の鋳物で造られた愛染明王像を御神体としていることが記されており、当時の歴史を実証しています。

2013年11月下旬、秋晴れの快さに誘われて、この歴史深い白鳥神社境内に息づく木々の残秋を撮影してきました。

2013年最後の秋 058

天にむかって高く大きくのびる樹形の繊細な美に、空をかける白鳥の群れがかさなります。2拝2拍手1拝・・・感謝の心を残してきました。
(参考資料・麻生観光協会ガイドの会『旧片平村を歩く』)

<-
->

スポンサーリンク


関連記事

高石神社の流鏑馬

高石神社は、小田急・多摩線の百合ケ丘駅北口から0.6km 、 徒歩10分ほどのところにあります。 駅前の大通りに面した階段状の歩

記事を読む

化粧面谷戸

旧王禅寺村は、徳川第二代将軍秀忠と鷹狩りなどを通じて繋がりがあったそうです。 お江(浅井長政とお市の三女)は秀忠の正室としてお輿入れしまし

記事を読む

歴史散歩・汁守神社

黒川・汁守神社へは小田急多摩線黒川駅で下車し、鶴川街道を町田方面に300Mほど歩くと、右側に石段、鳥居と森が見えてきます 急

記事を読む

下麻生お不動様 Shimo Asao Fudo

1月28 日、下麻生のお不動様は毎年10 万人もの参詣客で賑わいます。   狭い道の両側に400 店もの露天商がびっしり軒を並べ、

記事を読む

王禅寺

将軍家より葵の御紋の使用を与えられた名刹である。 『聖観世音菩薩略縁起』によれば、 天平宝字元年(757年) 観音菩薩が孝謙天皇の夢

記事を読む

淨慶寺に石仏とアジサイを見に行こう

小田急線柿生駅下車し徒歩10分弱の場所に、 麻生のあじさい寺、淨慶寺はある。 「へぼ将棋待った反則咲き乱れ」 どうやら石仏の世界にも楽し

記事を読む

歴史散歩・西光寺の天井絵「雲龍図」

西光寺は、室町時代中期(西暦1400年頃)、黒川の菩提所として開創された雲長山(山号)西光寺(寺号)と称する禅宗の一派、曹洞宗の寺院です

記事を読む


スポンサーリンク

麻生市民ネット・人気記事 Top5

麻生区 の桜 お花見情報 お花見スポット

はや4月 麻生区の桜の開花は東京に比べると遅れています。 早咲きの玉縄桜、河津桜はもう若葉でおおわれているのに ソメイ吉野は3分咲きか

記事を読む

歴史散歩・浄慶寺 History walk, Jokeiji Temple

小田急小田原線柿生駅から10分ほど歩くと、裏山を配した緑の木立の中にひっそりとした佇まいの「浄慶寺」があります。 After walki

記事を読む

歴史散歩・修廣寺 

修廣寺は、小田急多摩線・五月台駅から徒歩10分ほどのところにあります。 山号を夏蒐山(なつかりさん)、寺号を修廣寺(しゅうこうじ)

記事を読む

麻生区 の桜 お花見情報 お花見スポット 2020

3月21日 よみうりランドの桜の状況. 休園中なので園内の様子はわかりませんが、外周道路からの観察になってしまいました。 ここでも、桜の種

記事を読む

雲騰山妙覚寺 (東京都稲城市矢野)

よみうりランドから京王よみうりランドへ降りていくと やがて京王線の高架が見えてくる。 目を左に転ずると、風格のある山門が目に入る

記事を読む

スポンサーリンク


麻生ジャランじゃらん All rights reserved.