子神社

縄文時代、弥生時代を経て奈良時代に入り、仏教が伝来すると、飛鳥寺、法隆寺が建設されるにつれて、巨大な前方後円墳は作られなくなっていきました。

ここ麻生の地にも円墳、横穴古墳が築かれていましたが、時代の変遷とともにやがて作られなくなったようです。
では、麻生に残る古墳跡をいくつかご紹介いたしましょう。

早野、林ヶ池のすぐ東の林の中に早野横穴古墳があります。
壁画等から7世紀中頃のものと言われています。

子神社には、頂上部に石碑が立っていて、円墳跡と言われても気づかないほど形が崩れてしまっていますが、円墳跡があります。

月読神社の東の林の中にも下麻生亀井古墳があります。
大きな木に覆われていますが、丸く盛り上がっていて昔の姿をしのぶことができます。

 

関連記事

  1. 七十七坂妻を杖とし花の山 笠原湖舟

    高石神社と句碑村

  2. 麻生区 除夜の鐘 初詣マップ 2018/2019(新百合が丘近く)

  3. 2018年1月 香林寺雪景色

  4. 川崎市麻生区 法雲寺

  5. 潮音寺

  6. 高石神社の流鏑馬

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。