下麻生お不動様 Shimo Asao Fudo

1月28 日、下麻生のお不動様は毎年10 万人もの参詣客で賑わいます。  

狭い道の両側に400 店もの露天商がびっしり軒を並べ、内20 店程が「だるま屋」さんです。    

関東で一番早い「だるま市」は小田原の勝福寺、その多くは年の瀬に集中し、ここが「納めのだるま市」です。    

600 年以上も昔、下麻生の村人が生い茂る木賊(とくさ)の中に不動明王を発見、お堂を建てて祀ったのが始まりだそうです。  

今も祭りの一画に農機具の販売コーナーがあり、この地に根づいて続いてきた歴史がうかがわれます。  

 
On January 28, Shimo Asao’s immovable people are crowded with 100,000 visitors every year.

 

400 street vendors line the eaves on both sides of the narrow road, of which about 20 are Darumaya.

 

The earliest “Dharma City” in the Kanto area is Shopukuji Temple in Odawara, and most of them are concentrated in the year-end, and this is “Nano Daruma City”.

 

More than 600 years ago, Shimo-Asao villagers discovered Fudo-Ming-Oh in a thriving wooden pirates (Tokusa) and built a temple to worship them.

 

Even now, there is a sales corner for farm equipment in one part of the festival, showing the history that has taken root in this area.

 

関連記事

  1. 2020年 麻生 節分情報

  2. 香林寺 五重塔まつり さくらの開花はもうすこし

  3. 歴史散歩・汁守神社

  4. 紫陽花と石仏の寺 淨慶寺

  5. 寿福寺

  6. 七十七坂妻を杖とし花の山 笠原湖舟

    高石神社と句碑村

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。