佐藤香展 「月夜乱舞」

この作品は、土を素材にした「土絵」。
水溶性の樹脂で土を溶き、寒冷紗という和紙に描いたもの。
土の重さに堪えうる、かなりしっかりした紙質とみえる。

アーティストの佐藤香さんは福島県出身。
今でも生々しく脳裏によみがえる東北大震災。
多くの命と大切なものを失い復興未だままならぬ地、帰りたくても帰れない人々・・・
和紙に表現された様々な線の描写には、多くの思いが込められているのだろう。

この作品は、市原(千葉)の土を採取することから始まった。
何種類の土を使っているのだろう。
黄から黒にかけての微妙な色合いと明暗が織りなす幽玄な世界。
月夜に乱舞しているのは鳥か蝶か・・・蝶の羽のような模様が美しい。

壁数面に這わせた大きな作品は、福島県の地図と同型のようだ。
福島に生まれ福島に育った彼女の、ふるさとへのまぎれもない愛であろう。

(開催地、千葉県市原市小湊鉄道「養老渓谷駅」より徒歩10分、古民家「あそうバラの谷」)

 

関連記事

  1. 日本民家園をあるいて

  2. 日本民家園・お正月を遊ぶ

  3. 花の饗宴 生田緑地のばら

  4. 夜の民家園

  5. 第17回 岡本太郎現代芸術賞展

  6. 船越の舞台が内部公開されました

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。